「サンライズの指導方針」カテゴリーアーカイブ

問題の解き方一つで成績の伸び方が変わる

成績が伸びている子と成績が伸びない(下がる)子の差は、

問題の解き方を見ていると違いが表れています。

そもそも、宿題をしない子は、その分演習量が少ないので、

わからなくなっていくのは当然です。

ここでは、勉強をしている=問題を解いているにも関わらず、

伸びない子の特徴を述べたいと思います。

一般的には、

①問題を解く⇒②答え合わせをする

の流れですね。

小学校高学年くらいになれば、答え合わせまで

自分でできる子もいるでしょう。

実は、多くの子は、この答え合わせがきちんとできないために、

なかなか学力が伸びないです。

きちんとできない例をいくつか挙げます。

 

1.答えが間違っていたら、赤で答えを写す“だけ”

入塾したばかりの子に多く見られるのが、このやり方です。

答えを赤で書いて、そのままにしてしまっているんですね。

「じゃあ、なんでこの答えになるの?」を聞くと、

大抵は、答えられません。

できる子は、間違えた問題は、もう一度自力で解いてみるか、

分からなければ質問したり、解説を読むことによって、理解をし、

もう一度解きます。

「決して答えを見ながら写す」ということはしません。

 

2.答えが間違っているのに、○をする。

きちんと勉強しているのにテストで結果が出ない子は、

間違ったことを覚えている可能性があります。

英語のスペル、漢字のミスなど、自分では合っていると思い、

○をしてしまうのです。

自分の答えが間違っているかも・・・と疑いながら、

答え合わせを慎重に行う必要があります。

まだ答え合わせに慣れていない子によく起こる現象です。

 

3.一度解くだけで、間違えた問題を復習しない。

間違えた問題が、その時は理解できたとしても、

しばらく経つと忘れていることだってあります。

間違えた問題ができるようになることで、成績が伸びるのですから、

解けるようになるまで、きちんと復習をしましょう。

 

4.宿題を出すことが目的になり、問題をいい加減に解く。

宿題をしなくてはいけない、と思っている子は、

なかなか伸びないでしょう。

宿題の目的がよく分かっていない、もしくは納得していないからです。

ですから、つじつまを合わせるために、

さもやっているかのように見せて、

問題を飛ばしていたり、答えを写しているだけだったりするのです。

もちろん、これでは成績が伸びることはありません。

 

5.調べたり、人に聞いたりして解けた問題が、自分で出来た気になっている。

初めて勉強する内容は、誰しも分からないことがあります。

分からなかったら、調べたり、質問して解決しますよね。

その問題も、問題にチェックを入れて、後で復習をすると良いでしょう。

 

効率良く勉強するためには、

以上のことがきちんとできていることが前提です。

サンライズでは、入塾したての子には、

まず、このような勉強の仕方をみっちりと教え込みます。

それが、成績を伸ばす最短の方法だからです。

子どもが勉強できる環境づくり

勉強しているつもりでも、意外と点数に繋がらない勉強になっている子もいます。

詰めが甘かったり・・・

はるかにやる量が少なかったり・・・

そもそも問題を解くだけで終わっていたり・・・

勉強の「当たり前」が「当たり前」でないこともあるのです。

え?あり得ないでしょ!?ということを実際にやっていて、

“頑張ったのにできない”と思っている子もいるのでは?

実際の例として挙げますが、皆さんはできていますか?

・問題を解いた後に答え合わせをしない。

・間違えた問題は答えを写すだけ(なぜ間違えたのか検証しない)

・間違えた問題がはたして出来るようになったのか、確かめない。

まずこれだけでもできているかどうかで、

実力を測ることができます。

成績が上がる子は、トコトンやります。

人には、それぞれ「コンフォートゾーン」=心理的に快適な場所

があります。

「60~70点」をコンフォートゾーンとしている子は、それ以上の点数は取れません。

そんな子は30点を取ると「ヤバい!」と感じます。

コンフォートゾーンから外れるからですね。

また、「60~70点」がコンフォートゾーンの子が、80点を目標にしようと思うと、これもコンフォートゾーンから外れるわけです。

ですから、「今までの勉強法」「今までの勉強量」では達成できません。

コンフォートゾーンを打ち破るしかないのです。

つまり、やり方を変えたり、量を増やしてみるということですね。

例えば、やり方を変えるなら、

「ワークを全部やった」⇒「終わり」から

「ワークを全部やった」⇒「念のためにテスト」⇒「間違いを直す」

という流れに変える、などですね。

周りの環境を変えることも大切です。

周りの子が勉強し出すと、本人も勉強し始めるものです。

※サンライズの「復習特訓」は子どものコンフォートゾーンを変えるために実施しています。

能力があるのに成績が伸びない例として、

・成績の振るわない子に囲まれている。

・時間があればスマホをいじったりして、勉強に集中できない。結局は成績が伸びなくて、志望校変更

などですね。

少しでも変えたい!と思うなら、

まずは自分自身を勉強する環境に置くことが大切です。

定期考査重視の勉強からの脱却

5年ほど前の高校入試と比べて、

現在の入試は随分変わってきました。

以前と比べて難化傾向にあります。

 

難化とはどういうことか?

まず、学習内容が増加し、学習範囲が広がりました。

それによって、十分な対策が取れない子が増えてきたのです。

また、一問一答式の問題が減り、記述問題が増加しました。

昔は、受験前にちょっと勉強したら何とかなったのかもしれませんが、

今はそれなりに対策をしていかないと、合格できなくなってきています。

 

ところで、もう少し先のことに目を向けますと、

大学入試も変化をしています。

現在は、まだセンター試験が続いており、

センター試験の結果で、概ね合否が決まります。

しかし、大学によっては、二次試験を重視するところもあり、

また、2020年にはセンター試験が廃止され、

新たな入試制度に変われば尚更、

大学独自のものさしで測ることになります。

そうなれば、大学によって受験科目が異なるため、

偏差値基準では測れないということになります。

AO入試も減少傾向にあり、高校の内申点は関係がなくなります

高校生にとって、3年間で、大学合格に焦点を当てて、

勉強できるかどうかがカギとなるのです。

 

話を中学生に戻します。

中学校では、内申点が入試に関わります。

定期考査の得点に加え、日常の授業態度・提出物・・・

彼らにとって、これらを無視することはできません。

 

子どもは、定期考査の得点が内申点に大きく関わるかどうかで、

次のような反応をします。

中学生

「定期考査を頑張らないと、内申点が悪くなるから、点数を取らないと・・・」

高校生

「内申点は、入試に関係がないから、気にしなくてもよい」

このように、勉強に対する考え方がブレるのです。

ましてや、「内申点が悪いから、内申点が関係ない朝日高校を受験しよう」などと考えるのは論外!(関係あります)

真面目な子の多くは、中学校と同じく、高校も定期考査重視の勉強を続けます。

果たして、その勉強で大学受験に繋がるのでしょうか?

 

塾は、小・中・高と続けることができるので、

大学受験に向けて勉強することができます。

 

一方、予備校は、高卒生を対象とし、大学受験の指導が中心です。

 

それに対して、学校(高校)は、高校生としての教養を与える場です。

定期考査のためだけの勉強は、大学受験にはつながりません。

 

大学受験に合格するためには、

高校生の意識付けが大切になってきます。

① 定期考査に流されない!

② 高校3年間は大学受験の下準備!

③ 定期考査の結果よりも、模試や実力テストを重視!

④ 部活との両立とは、勉強を犠牲にすることではない!

 

これらの意識改革ができていないとどうなるか?

「高校に入学したけれど・・・こんなはずじゃなかった!」となるのです。

高校で「落ちこぼれ」にならないようにするためには、

・定期考査の勉強で、教科書丸暗記は禁止!

・定期考査のためだけの勉強をさせない。

(一夜漬け・テスト週間のみ勉強など)

・・・というような勉強に対する意識改革が、

中学段階から、必要なのです。

サンライズでは、中学生に対して、

定期考査重視の考え方=定期脳

からの脱却をさせ、高校、大学入試に繋がる勉強を

指導しています。

パリエ冬号

画像1: 岡山の子育て情報誌 Palier パリエ 2016年秋号【送料無料】 

現在発売中のパリエに、進学塾サンライズが取り上げられています。

今回は、理科についてお話しております。

http://46sya.jp/

↑こちらでも、御紹介いただいております。

理科は暗記科目であると言う人がいます。

目の前のテストの点数を取るためだけの勉強をやっていても、

やがて行き詰まります。

目に見える学力だけでなく、

目に見えない学力まで育てることは、

決して簡単ではないと思いますが、

日頃の積み重ねがやがて形となって表れることを信じて、

我々は指導しています。

刺激

子どもというのは、同じ難易度のものを繰り返し続けていると、

やがて飽きてしまう生き物です。

解ける問題をひたすら解くのは、やり方が分かっているので、

同じ方法を当てはめて答えを出すだけの

単なる“作業”になってしまいます。

これは面白くありません。

 

本日、中間考査の勉強をしていたUくん。

数学の問題に飽きたのか、ぼんやりする時間が増えてきました。

さっそく塾長に呼び出されます。

塾長「U,お前全く集中できていないな。」

U「いや、ちゃんとやります。」

塾長「言われてからじゃ遅い!塾長の目の前で勉強しろ」

しぶしぶ塾長の前でやるU。

塾長「U、その問題は易し過ぎないか?解ける問題をいつまでも解くんじゃない。もっと刺激のある問題を解きなさい。」

U「じゃあ・・・。このレベル位を・・・。」

塾長「いやいや、もうちょっと高く・・・。」

成長を促すためには、ちょっと背伸びをすれば届くような難易度のものを与えることが必要です。

教材選定は、簡単にできるものではありません。

経験を積む必要があります。

適切なタイミングで、適切な教材を与えることができれば、

子どもはドンドン刺激を受けて、伸びていきます。

朝日高校が求める生徒像

受験生にとっては、この夏は弱点を克服し、

自分にとって足りない部分を強化する時期です。

特に、中1・中2の間で取りこぼしが多い人は、

ここで追い付きたいですね。

朝日高校が求める生徒像として、

・基本的な生活習慣・学習習慣が身に付いている生徒

というのがあります。

優等生にとっては、当たり前のことですが、

今一つピンと来ない人もいるかもしれません。

朝日高校の生徒にふさわしい人とは、

朝日の勉強についていける人のことです。

よく分からない人にとっては、逆に「求めていない生徒像」を

挙げるとわかりやすいかもしれません。

「規則正しくない生活習慣」

・夜遅くまでTVやゲームをして、寝不足になる。

・学校の授業中は居眠り。

・帰ってもすぐに寝るので、予習や宿題がろくにできない。

「学習習慣が身についていない」

・勉強時間はほとんどなし。1日3時間?ムリムリ!

・宿題に時間をかけ過ぎ。結果、時間が足りない。

・勉強しないので、効率も悪い。

・毎日予習?毎日したことがないので、できません!

 

中学校の成績がそこそこ良くても、ほとんどの子の学習は、

高校になれば通用しないことが多いでしょう。

多くの高校生は、高校入学までに基本的な学習習慣や

学習効率の改善がなされていないため、

勉強がうまくいかないのです。

 

例えば、サンライズの夏期講習会(14日間)ですが、

小1は、1日あたり2~3時間で30時間の子がいます。

小3は、40時間。

時間は学年に比例して、増えていきますが、

小6位になると、100時間以上の子もいます。

中3受験生は、期間中は朝10時~夜9時までみっちり勉強。

ここで、ドン引きする人もいるようです。

いきなり、この時間やれと言われれば、

そうなるのも無理はありません。

学年トップ、そしてその先の朝日高校上位合格を目指すのですから、

できないことを出来るようにするのに、

ちょっとやそっとやったくらいでは追いつけないのです。

サンライズの当たり前は、朝日高校でも当たり前だと思って頂いて、

間違いはないと思います。

やる気とモチベーション

辞書的に言えば、

やる気は、

「物事をやろうとする気持ちや欲求」であり、

モチベーションは、

「やる気を起こしたり、何かをしようとするための刺激や動機づけ」

である。

 

勉強において、やる気やモチベーションの事がよく話に出てくるが、

はたして、「やる気」とは何だろうか?

「モチベーション」とは何だろうか?

 

色々話を聞いていると、おそらく、

やる気とは、

「自ら勉強をしたいと思うこと」と思われているように思える。

それに倣い、モチベーションとは、

「勉強をしたいと思う気持ちが起こること、あるいは続くこと」

となる。

 

しかし、実際指導していて、大人が思うように、

純粋に「勉強がやりたい」と思う子はいるのだろうか。

自分が子どもの時にそう思っていない人の方が圧倒的に多いはずだ。

 

やる気とは、

「いかなる理由があっても、勉強をしようとする気持ち」に

他ならない。

・明日までにやらないといけないからやる。

・高校に進学したいから(やらなければ受験で合格できないから)やる。

とにかく、やらなければならない理由があるから、

勉強をしようと思うのが、「やる気」なのではないか。

そして、

・やらないと叱られる。

・やらないと恥ずかしい思いをする。

・やらないと夢が叶わない。

など、ネガティブなものではあるが、そういったものが、

「モチベーション」になっている人もいると思う。

もちろん、ずっとそういうことがモチベーションになっていては、

長続きしない。

精神的に成長していく中で、自分の目標が見つかったり、

褒められり、成績がよくなったりがあって、

プラスのモチベーションに変わっていくこともある。

 

昔、こんな話を聞いたことがある。

早稲田大学に合格した女の子が、自分の勉強を振り返って、

「自分が本当にやろうと思って始めたのは高3の時だけだった。

それまでは、親にめちゃくちゃ勉強させられた。

でも、今思えば、それがあったから、合格できたんだと思える。

だから、親に感謝したい。」

 

こういう話をすると、「鞭打ってでも、とにかく勉強をガンガンさせればいい」と偏ったとらえ方をされそうに思うが、それは、違う。

 

まだ精神的に幼いうちに、壮大な目標を掲げて、

自ら勉強をするような子になるのをじっと待っていても、

その時が来ることはないだろう。

 

いつか、自分で「やろう!」と思う時がくる。

それまでは、大人がしっかりとサポートして、

勉強をさせていけばいい。

 

一見、やる気がなさそうに見えても、

実はみんな「やる気」は持っている。

 

実際、塾で、

「やる気がないなら、塾を辞めてもいいし、

無理に勉強しなくてもいい。」

と言って、辞めた子はいない。

大抵、

「いいえ!やります!この塾で勉強したいです。」

と返ってくる。

 

人間誰しも、気持ちがダレてくる時がある。

その時に喝を入れると、目を覚ますことが多い。

「厳しい塾」でなくなった時は、

もう子どもたちの「モチベーション」をあげられなくなった時かなと。

夏期講習会最終日

長いようで、あっという間の夏期講習会は、

本日で終了となります。

密度の濃い夏期講習会になりましたでしょうか?

 

 

小2のMちゃんは、60時間も参加しました。

プリントもかなり進み、英語も2冊終わらせました。

特に驚いたのは、1日の勉強時間です。

いつもではないのですが、今日は、

朝10時から18時まで、途中休憩がありましたが、

ほぼ続けて7時間も勉強しました。

受験生でもなければ、中学生でもない、

小2の女の子です。

 

また、今回初参加の小6の女の子は、

入塾前は20点台だった国語が、

特訓終了後

なんと

94点!

これだけ取れる力が短期間で身に付いたのに、

今までどんな勉強をしてきたの??

という疑問は置いておいて、

時には厳しく叱られて泣いたりもしましたが、

よく最後まで頑張りました。

 

 

小5のRちゃんは、国語が苦手で、

特に作文で苦労していました。

女の子は特に、苦手な科目を敬遠しがちですが、

絶対にやらなければならないと言われ、

最初は渋々やっていました。

時間もかなりかけましたが、

その割になかなか進まず、もどかしかったでしょう。

モチベーションも上がりません。

当然です。

普通なら、途中で諦めるところです。

でも、やってもらいました。

この特訓をやった子は、全員最後に同じことを言うからです。

Rちゃんも言いました。

「何か、問題が簡単に感じる」

モチベーションが一気に上がり、嫌いな国語が、

もしかしてできるかも?と思えるところまでなった瞬間です。

お母様からは、「塾長は神様です」と仰って頂きましたが、

いやいや、普通のおっさんです。

Rちゃんが最後まで頑張ったから、できたことです。

 

今年の夏期講習会は、苦しみ9割だったと思います。

でも、その先に1割の喜びがあるから、

「サンライズで頑張ってよかった」

と思ってもらえると思うのです。

 

 

ただ、時間をかければいいわけではありません。

ダラダラと目的もなく勉強しても、何も変わりません。

目的を持って勉強する子は、

勉強を2倍も3倍も効果のあるものにします。

 

 

夏休みはまだまだ続きます。

残りの期間も有意義に過ごして下さいね。

苦しみ9割喜び1割

タイトルの言葉は、朝日高校の卒業生代表の答辞

の中の言葉です。

朝日高校の学校生活は、

苦しい中にも喜びがあり、

その苦しみが自分を成長させ、

1割の喜びが達成感・充実感を生み出す。

 

サンライズもそうだと思います。

塾に行きさえすれば成績が上がる。

ちょっとやればできるようになる。

それまで大した努力もしたことがないのに、

自分は頑張っていると思っていたら、それ以上の成長はないですね。

サンライズで何年も勉強してきて、毎回毎回課題をきちんとこなし、

受験生でもないのに講習会で何時間も、

多い時は朝から晩まで勉強して・・・。

でもそれが当たり前、周りがみんなやっている。

凄い勉強してるね!と言われることもないくらい

当たり前な環境で勉強していると、

自信というよりプライドが生まれます。

サンライズの学力の根底には、

誰にも負けない勉強量があります。

基本的な問題や、標準的な問題、

時には、応用と言われるけれども、受験生にとっては典型的な問題

は、絶対に解けるようにするための努力です。

 

「◯◯ちゃんは、勉強していないのに成績めっちゃいいんよ」

 

子どもたちからこのような言葉を聞くと、「可愛いな~」と思います。

 

そんなわけないじゃん。

じゃあ、サンライズで朝から晩まで勉強している子に聞いてごらん。

「めっちゃ勉強してる?」って。

 

「してるよ!!」

って言わないでしょ?

恥ずかしいんだよ。

もし成績が良くなかった時に、

「めっちゃ勉強してるのにこの程度??」って思われるのが。

いや、違うか。

周りがしているのが当たり前だからか。

定期テストと模試

期末テストの結果が返却され、

通知表も配られて、

その結果に喜憂している頃だと思います。

特に、中学生にとっては、成績は、内申書に影響を与えるので、

余計に気になるものです。

「気にするな」とまでは言いませんが、

入試本番の試験の結果も大いに大切であることは、

言うまでもありません。

 

以前、こういうことがありました。

ある入塾を希望される方から、

それまでの学校の成績と通知表の内容を

お聞きしました。

 

定期テストの結果は、ほとんど満点近い点数で、

学年で1位でした。

 

通知表もほぼオール5(オール5だったかもしれません)、

申し分ない成績です。

 

ちょっとびっくりしましたが、

それまで、朝日高校を受験しようとは考えたこともなかったそうで、

学校の先生から挑戦してみないかと言われ、

通塾を検討しようと思われたそうです。

 

早速、入塾テストを受験して頂きました。

通常、上記の成績であれば、問題なく合格できます。

しかし、結果は残念ながら不合格。

 

学校の定期テストの問題が解けるのと、

入試レベルの問題が解けるかどうかは、

必要な力が異なります。

事前に出題される問題が分かっていたり、

教科書の太字部分だけを覚えていたりすればOKの

テストが良かったからといって、

思考力が問われる入試問題ができるとは限りません。

 

ましてや朝日高校は、独自入試ですから、

より一層、プラスアルファの力が必要となるのです。