岡山朝日高校合格への道(19)面接について

今日は、入試における面接についてです。

面接は得点化されないから対策など不要だと思っていませんか?確かに、面接が加点されるわけではありませんが、

ボーダーライン上にある人にとっては、

合否を決める一つの要素になってきます。

また、あなたにとって、一度しかない大切な入試で

“手を抜く”勇気はないでしょう。

では、面接の対策として何をすればよいのか、

いつからすればよいのかということですが、

面接対策にはさほど時間をかけなくても大丈夫です。

面接で質問されることは大体決まっています。

特に朝日高校は質問内容が例年ほとんど変わりません。

 

サンライズでは、1日目の筆記試験が終わった後に

初めて面接対策をします。

面接対策は、面接日の前日のみ、ということですね。

 

それできちんと対策できます。

質問は全部で4つ。

まず、必ず質問されるのは、

・受験番号と氏名

・志望動機

です。

これさえも答えられないと困りますよ。

★受験番号と氏名

客観的な事柄について面接官の目を見て、

大きな声ではきはき答えられるかを見ています。

★志望動機

きちんと高校を調べて理解したうえで志望しているか、

を聞きたいのです。

志願理由とも言いますね。

 

残り2つは、毎年異なりますが、例えば、

・将来、社会にどのように貢献したいか。

など、将来についての質問が出ることが多いです。

高校入学後も、将来のことですね。

 

挙手で答える質問もあります。

事前に対策してあれば、すぐに答えることができるでしょうから、

すぐに挙手をして、できるだけ1番に答えましょう。

積極性をアピールできます。

堂々と自分の考えを言いましょう!



面談のご予約は
↓からお願い致します。
予約専用フォームへ

進学塾サンライズHPへ


ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

コメントを残す