やる気とモチベーション

辞書的に言えば、

やる気は、

「物事をやろうとする気持ちや欲求」であり、

モチベーションは、

「やる気を起こしたり、何かをしようとするための刺激や動機づけ」

である。

 

勉強において、やる気やモチベーションの事がよく話に出てくるが、

はたして、「やる気」とは何だろうか?

「モチベーション」とは何だろうか?

 

色々話を聞いていると、おそらく、

やる気とは、

「自ら勉強をしたいと思うこと」と思われているように思える。

それに倣い、モチベーションとは、

「勉強をしたいと思う気持ちが起こること、あるいは続くこと」

となる。

 

しかし、実際指導していて、大人が思うように、

純粋に「勉強がやりたい」と思う子はいるのだろうか。

自分が子どもの時にそう思っていない人の方が圧倒的に多いはずだ。

 

やる気とは、

「いかなる理由があっても、勉強をしようとする気持ち」に

他ならない。

・明日までにやらないといけないからやる。

・高校に進学したいから(やらなければ受験で合格できないから)やる。

とにかく、やらなければならない理由があるから、

勉強をしようと思うのが、「やる気」なのではないか。

そして、

・やらないと叱られる。

・やらないと恥ずかしい思いをする。

・やらないと夢が叶わない。

など、ネガティブなものではあるが、そういったものが、

「モチベーション」になっている人もいると思う。

もちろん、ずっとそういうことがモチベーションになっていては、

長続きしない。

精神的に成長していく中で、自分の目標が見つかったり、

褒められり、成績がよくなったりがあって、

プラスのモチベーションに変わっていくこともある。

 

昔、こんな話を聞いたことがある。

早稲田大学に合格した女の子が、自分の勉強を振り返って、

「自分が本当にやろうと思って始めたのは高3の時だけだった。

それまでは、親にめちゃくちゃ勉強させられた。

でも、今思えば、それがあったから、合格できたんだと思える。

だから、親に感謝したい。」

 

こういう話をすると、「鞭打ってでも、とにかく勉強をガンガンさせればいい」と偏ったとらえ方をされそうに思うが、それは、違う。

 

まだ精神的に幼いうちに、壮大な目標を掲げて、

自ら勉強をするような子になるのをじっと待っていても、

その時が来ることはないだろう。

 

いつか、自分で「やろう!」と思う時がくる。

それまでは、大人がしっかりとサポートして、

勉強をさせていけばいい。

 

一見、やる気がなさそうに見えても、

実はみんな「やる気」は持っている。

 

実際、塾で、

「やる気がないなら、塾を辞めてもいいし、

無理に勉強しなくてもいい。」

と言って、辞めた子はいない。

大抵、

「いいえ!やります!この塾で勉強したいです。」

と返ってくる。

 

人間誰しも、気持ちがダレてくる時がある。

その時に喝を入れると、目を覚ますことが多い。

「厳しい塾」でなくなった時は、

もう子どもたちの「モチベーション」をあげられなくなった時かなと。

岡山朝日高校入試過去問題

過去問といっても、随分昔のものです。

明治24年8月の英語入試問題(当時は9月入学)

1)  No day is long to those who have many works to do.

2) A thoughtless boy went out into the field to pass an idle day.

3) She had not been in the school more than a year, when he left it.

4) Books teach us all that is useful for us to know.

5) It would have been better for the world, if they had never lived.

 

解答)

1)忙しい人にとっては、日々はあっという間に過ぎる。

2)ある軽率な少年が野原へ出かけて行き、一日遊んで過ごした。

3)彼女がその学校に来て1年も経たないうちに、彼は学校をやめた。

4)本は私たちが知っておくと役に立つことをすべて教えてくれる。

5)もしその人たちがいなかったら、世界はもっと良くなっていただろうに。

 

大正10年の地理・歴史問題

(一) 左記ノ地名ノ所在国名、府県名又ハ地方名ヲ記シ且ツ知レルコトヲ述ベヨ

1、撫養 2、雲山 3、萍郷 4、カイロ 5、サントス

6、二見港 7、豊原 8、八幡

 

解答)

1、徳島県、塩の産地

2、朝鮮にあり、金の産地

3、支那中部にあり、炭坑としてしられる

4、エジプトの首府

5、ブラジルにあり、コーヒーの輸出地として知られる

6、小笠原父島にある港にして航海上の要地

7、樺太にあり、樺太庁所在地

8、福岡県にあり、製鉄所あり

 

昭和20年 (岡山一中)

三、 太郎は国民学校の初等科六年生で、家族は父母と初等科一年生の弟と五歳になる妹の五人であるが父は出征してゐる、ある夜母は二町離れた隣組長さんの家で開かれる常会に出席し、弟と妹は火鉢のそばで絵本を見て居り太郎は戦地の父に手紙を書いてゐた。すると突然空襲警報が発令された。

1、 あなたが太郎であつたら、その時どうしますか、する順に書きなさい。

2、 それからラジオが次のやうに知らせた。

「十九時二十六分二十二機より成る敵の第二の編隊が室戸崎の南方約四十粁の上空を北進中」

室戸崎・岡山間の距離は百六十粁で、敵機の時速が五百粁とすれば此の編隊が岡山の上空に達するのはおよそ何時何分頃ですか

 

解答)

1、灯火管制をして、防空服装に身ごしらえ、火鉢の始末などをする、母が帰らぬうちに退避命令が出たら弟妹を連れて行動するが、そうでない場合は母の帰りを待つ

2、 160粁+40粁=200粁

200粁÷500粁=0.4時間=24分

19時26分+24分=19時50分

冬期の募集について

来月から、冬期の募集を開始します。

まずは、体験授業と面談。

そして、11月28日(土)に入塾テストを実施します。

合格者は、12月下旬の冬期講習会から指導開始です。

 

現在、空席待ち、来年度募集待ちの方に朗報です。

幼児と小学校低学年は、満席のため、募集を停止していましたが、

年中、年長、小1、小2は何とか若干名の受け入れが

できるようになりました。

 

パンフレットも若干変更になります。

サンライズの評判

最近、同じような事を何人かの塾生保護者の方や

問い合わせを頂いた方に言われました。

「サンライズがすごい良いという評判を聞きました。 」

「サンライズはとても人気がある塾だそうですね。」

「サンライズは朝日高校に合格しやすいんですよね。」

「私の理想の塾とぴったりです。」

など・・・。

実際、人気があるのかどうかは分かりませんし、

「凄い」と言われても、何が凄いのかよくわかりません。

そもそも、私自身が、あまり評判や噂というものを

気にしていません。

ただ、私を頼ってきてくれた生徒に 対して、

徹底的に指導をして、

可能な限り成績を伸ばし、

朝日高校に合格させるだけ、です。

 

妥協はしません。

「どうやったら、学力は身に付くのか」

ただ一点、そのことばかり考えている、教育バカです。

それ以外の評判や噂に関しては、全く興味がありません。

 

サンライズに通う子どもたちや保護者が

「来て良かった」

と言ってくれるだけで十分です。

名門公立高校受験道場模試

名門公立高校受検道場模試、

略して名門模試のランキングが発表されました。

相変わらず、上位のレベルは高いです。

日比谷高校受験専門塾、

横浜翠嵐高校受験専門塾、

県立浦和高校受験専門塾、

金沢大学附属高校受験専門塾、

泉丘高校受験専門塾、

上野丘高校受験専門塾、

など、他にも多くの塾が参加しています。

模試の中でも、特にレベルが高い模試で、

例え、サンライズ内でトップでも、

名門模試グループ内では上には上がいるわけです。

その模試の8月度において、

サンライズのトップが何位かを示した結果が以下です。

小1 1位

小2 3位

小3 1位

小4 1位

小5 1位

小6 13位

中1 1位

中2 1位

中3 7位

これを見ると、1位を取りやすいのかと思われるでしょうが、

いやいやいや・・・。

例えば、中3の7位は、偏差値70はあるのに、それでも7位・・・。

朝日高校安全圏でも、トップではありません。

ハイレベルなため、天狗になることなく更に磨きをかけられるのが、

この模試の素晴らしいところです。