夏期講習会最終日

長いようで、あっという間の夏期講習会は、

本日で終了となります。

密度の濃い夏期講習会になりましたでしょうか?

 

 

小2のMちゃんは、60時間も参加しました。

プリントもかなり進み、英語も2冊終わらせました。

特に驚いたのは、1日の勉強時間です。

いつもではないのですが、今日は、

朝10時から18時まで、途中休憩がありましたが、

ほぼ続けて7時間も勉強しました。

受験生でもなければ、中学生でもない、

小2の女の子です。

 

また、今回初参加の小6の女の子は、

入塾前は20点台だった国語が、

特訓終了後

なんと

94点!

これだけ取れる力が短期間で身に付いたのに、

今までどんな勉強をしてきたの??

という疑問は置いておいて、

時には厳しく叱られて泣いたりもしましたが、

よく最後まで頑張りました。

 

 

小5のRちゃんは、国語が苦手で、

特に作文で苦労していました。

女の子は特に、苦手な科目を敬遠しがちですが、

絶対にやらなければならないと言われ、

最初は渋々やっていました。

時間もかなりかけましたが、

その割になかなか進まず、もどかしかったでしょう。

モチベーションも上がりません。

当然です。

普通なら、途中で諦めるところです。

でも、やってもらいました。

この特訓をやった子は、全員最後に同じことを言うからです。

Rちゃんも言いました。

「何か、問題が簡単に感じる」

モチベーションが一気に上がり、嫌いな国語が、

もしかしてできるかも?と思えるところまでなった瞬間です。

お母様からは、「塾長は神様です」と仰って頂きましたが、

いやいや、普通のおっさんです。

Rちゃんが最後まで頑張ったから、できたことです。

 

今年の夏期講習会は、苦しみ9割だったと思います。

でも、その先に1割の喜びがあるから、

「サンライズで頑張ってよかった」

と思ってもらえると思うのです。

 

 

ただ、時間をかければいいわけではありません。

ダラダラと目的もなく勉強しても、何も変わりません。

目的を持って勉強する子は、

勉強を2倍も3倍も効果のあるものにします。

 

 

夏休みはまだまだ続きます。

残りの期間も有意義に過ごして下さいね。

自校作成問題説明会

昨日は、朝日高校の入試問題に関する説明会がありました。

朝日高校は、全国で唯一、自校作成問題が出題される学校です。

昔は何校かあったのですが、とうとう朝日高校だけになりました。

そのため、対策が難しいのでは?と思われる人もいるかもしれません。

そんなことはないですよ。

サンライズの塾生は、特に数学の問題の説明の時に、

あ!と気付いたと思いますが、

日頃塾長が説明している解法と同じではありませんでしたか?

それから、「全国高校入試問題正解」は、

毎年、サンライズの入試特訓でも使用する教材です。

(市販されているものよりもちょっとだけ安い、塾専用教材です。)

朝日高校の先生方の説明を聞けば、

塾長の話がより理解できたと思うのです。

「あ~、塾長がいつも言っていることと同じだ。」

と思ったなら、益々授業をしっかりと聞かないといけませんね。

 

いきなり、自校作成問題が解けるようにはならないので、

まずは、出題者=朝日高校が問題を通じて何を伝えたいのか、

そこから、自分には何が足りていないのか、

それを知ることが近道だと思います。

 

もう一度、資料によく目を通して下さい。

地道な勉強も含まれますが、

とても大切なので、実行してもらいたいです。