苦しみ9割喜び1割

タイトルの言葉は、朝日高校の卒業生代表の答辞

の中の言葉です。

朝日高校の学校生活は、

苦しい中にも喜びがあり、

その苦しみが自分を成長させ、

1割の喜びが達成感・充実感を生み出す。

 

サンライズもそうだと思います。

塾に行きさえすれば成績が上がる。

ちょっとやればできるようになる。

それまで大した努力もしたことがないのに、

自分は頑張っていると思っていたら、それ以上の成長はないですね。

サンライズで何年も勉強してきて、毎回毎回課題をきちんとこなし、

受験生でもないのに講習会で何時間も、

多い時は朝から晩まで勉強して・・・。

でもそれが当たり前、周りがみんなやっている。

凄い勉強してるね!と言われることもないくらい

当たり前な環境で勉強していると、

自信というよりプライドが生まれます。

サンライズの学力の根底には、

誰にも負けない勉強量があります。

基本的な問題や、標準的な問題、

時には、応用と言われるけれども、受験生にとっては典型的な問題

は、絶対に解けるようにするための努力です。

 

「◯◯ちゃんは、勉強していないのに成績めっちゃいいんよ」

 

子どもたちからこのような言葉を聞くと、「可愛いな~」と思います。

 

そんなわけないじゃん。

じゃあ、サンライズで朝から晩まで勉強している子に聞いてごらん。

「めっちゃ勉強してる?」って。

 

「してるよ!!」

って言わないでしょ?

恥ずかしいんだよ。

もし成績が良くなかった時に、

「めっちゃ勉強してるのにこの程度??」って思われるのが。

いや、違うか。

周りがしているのが当たり前だからか。

朝日高校オープンスクール

22日は、朝日高校オープンスクール、

そして、サンライズの朝日高校見学ツアーの日でした。

 

貸切バスで、朝日高校の校門をくぐる際の、

周りからの視線は凄いですね。

塾長は毎年行っているので、もう慣れましたが。

(来年は実施するかどうかわかりません)

バスを使うだけで、子どもたちにとっては、

遠足気分になれるんですね。

 

朝日高校についてからは、現役朝日高生のM先輩から

受験生の頃の体験や朝日高校について

色々アドバイスをもらいました。

毎年、高1の塾生にお願いをするのですが、

さすが朝日高生(サンライズ生)といいますか、

適当に話をしてとお願いすると、しっかり説明してくれます。

 

朝日高校のHPには、オープンスクールの様子が紹介されています。

http://www.asahi.okayama-c.ed.jp/topics/H27_gyouji/H27_7gatu_openschool.html

ほとんどの写真に、サンライズの塾生が写っていますね。

ちなみに、塾長も。(わかるかな?)

色々なところで、塾生を目にすることが増えたのは、うれしいことです。

 

さて、保護者対象の説明を聞いてきましたが、

過去3年の東大合格者の高1第1回実力考査の順位を見て、

そうだろうなと思いました。

確かに、合格者の多くは高1から最上位にいるのですが、

そうではない子も少なくはないのです。

これは、他の私立高校のお話を聞いていても感じました。

つまり、東大をはじめとした難関校は、

最初から優秀な子しか合格できないのではなく、

高校で伸びている子も少なからずいるということです。

だからこそ、はなから難関大学は無理と、

自分の限界をつくって、「行ける大学」を目指すのではなく、

「行くべき大学」を目指して、

基礎から着実に積み上げていけば、

おのずとゴールが近付いてくるのです。

また、勉強をする上で、

大きな誤解をしている子が多いなと感じるのが、

基礎概念を着実に理解してこそ、

難関大レベルの問題が解けるのであって、

難関大に行きたいからと、いきなり応用レベルをやり始めても、

失敗に終わることが多いということです。

 

後、なるほどと思ったのが、

例えば、校外模試の直前に、修学旅行がありましたが、

こういったイベントのせいで、校外模試の勉強が悪かったと

言い訳をする人がいます。

勉強ができないからとイベントを欠席するのは論外ですね。

トップ校では、テスト直前にイベントがあることは、当たり前です。

 

直前に勉強して何とかしようとする考え自体が浅はかで、

早めに準備しておけばよいのです。

朝日ではそれができないといけません。

(前述のM先輩のお話でもありましたね。)

保護者説明会は、出席してよかったなと思いました。

夏期募集終了

夏期の生徒募集は、7月中旬で終了致しました。

その後にお問い合わせを何件か頂きましたが、

次回の冬期募集(11月~)までお待ちいただくことになります。

尚、幼児~小3、中3、高2、高3は、満席のため、

今年度の募集を終了致しました。

来年度(2月~募集開始)までお待ちいただくことになります。

以下、現在の残席状況です。

幼児 満席

小1 満席

小2 満席

小3 満席

小4 残り1名

小5 残り1名

小6 残り4名(中学受験をしない方のみ)

中1 2名

中2 4名

中3 満席

高1 2名

高2 満席

高3 満席

定期テストと模試

期末テストの結果が返却され、

通知表も配られて、

その結果に喜憂している頃だと思います。

特に、中学生にとっては、成績は、内申書に影響を与えるので、

余計に気になるものです。

「気にするな」とまでは言いませんが、

入試本番の試験の結果も大いに大切であることは、

言うまでもありません。

 

以前、こういうことがありました。

ある入塾を希望される方から、

それまでの学校の成績と通知表の内容を

お聞きしました。

 

定期テストの結果は、ほとんど満点近い点数で、

学年で1位でした。

 

通知表もほぼオール5(オール5だったかもしれません)、

申し分ない成績です。

 

ちょっとびっくりしましたが、

それまで、朝日高校を受験しようとは考えたこともなかったそうで、

学校の先生から挑戦してみないかと言われ、

通塾を検討しようと思われたそうです。

 

早速、入塾テストを受験して頂きました。

通常、上記の成績であれば、問題なく合格できます。

しかし、結果は残念ながら不合格。

 

学校の定期テストの問題が解けるのと、

入試レベルの問題が解けるかどうかは、

必要な力が異なります。

事前に出題される問題が分かっていたり、

教科書の太字部分だけを覚えていたりすればOKの

テストが良かったからといって、

思考力が問われる入試問題ができるとは限りません。

 

ましてや朝日高校は、独自入試ですから、

より一層、プラスアルファの力が必要となるのです。

6月度中3県模試結果

6月実施の中3県模試の結果です。

全体平均点は

国語63.1 数学52.0 英語40.9 理科49.7 社会52.0 総合253.6

それに対して、塾内平均点は

国語81.3 数学79.9 英語66.1 理科73.7 社会69.2 総合370.2

まだまだ努力の余地はありそうですね。

総合のトップ3は、

偏差値72 5位

偏差値70 17位

偏差値69 29位

となりました。

他の塾生もこれに並ぶ成績を取れるように、

この夏、思いっきり勉強し倒してください。

西大和学園

先日、西大和学園の先生が来られました。

中四国では唯一、岡山でも受験できるように

なったんですね。

ネット上での偏差値は75と開成や灘に次ぐレベルの

学校です。

京都大学合格者数は日本一で、

SSHやSGH(保護者セミナーでも少し触れましたね)

にも認定されている学校です。

確かに、毎年東大・京大合格者数ランキングでは、

ベスト5には入っています。

そんな学校の先生が、

「朝日高校受験専門だと聞いて、是非うちもよろしくお願いします。」

とわざわざ岡山の一塾に来られるとは・・・。

サンライズも知る人ぞ知る塾になったのですね。

入試レベルは、超難問が多いので、

たまに塾生にもチャレンジさせてみようと思います。

 

全国高校共通テスト・記述模試

6月実施の全国高校共通テストの結果が返ってきました。

成績優秀者は学校名が冊子に掲載されるのですが、

それを見ると、開成や日比谷など全国のトップ校の名前が

ずらりと並んでいます。

そんな中で、塾生も何名か入っていました。

数学は、26位に2名。

国語はなんと、全国1位!そして21位にも。

総合(英数国)では、8位と18位にランクイン!

「英・国」では17位と40位。

「英・数」では11位と24位。

岡山の高校では、サンライズの生徒しか載っていなかったです。

偏差値も、70を超える子が増えてきており、

東大や岡山大学医学部の志望校判定も1つ上がりました。

合格に向けて、着実に進んでいる証ですね。

 

そうそう、今回、小5も全国模試で全国1位と2位を取っていました。

スロータイプ

学校の宿題や塾の宿題などで、

人それぞれ、同じ課題量でもかかる時間が異なります。

早い子もいれば、時間がかかる子もいます。

同じ課題量であれば、できるだけ早い時間で終わられせられれば、

それに越したことはありません。

理想ですね。

勉強でつまずいている子は、比較的時間がかかります。

分からない問題が多ければ、なかなかスッと解けないのですから、

当然ですね。

 

しかし、中には、成績は非常に良いのに時間がかかる子もいるのです。

他の子が10分でできる課題が30分かかるとか。

なかなか課題が進まないので、苦労は大きいです。

しかし、こういうケースを、前述の「勉強でつまずいている子」が

時間がかかっているケースと同様にとらえてはいけません。

「遅いから、よくない」と考えてはいけないということです。

実際、そういう子に早く解くように働きかけたことはありますが、

結果的に早くなることはありませんでした。

 

「うちの子は宿題に時間がかかり過ぎる。

どうすれば早く終わらせられるようになるか?」

と悩む前に、次のように考えてみてはどうでしょう。

 

一般的に、学習が定着するには、復習が必要です。

概ね3回程度は復習しないと定着しないでしょう。

例えば、ある課題が10分で終わったとします。

でも、それだけでは理解は十分できないので、

2回目、3回目と復習します。ここまでで30分。

中にはもっともっと繰り返さないと定着しない場合もあるでしょう。

(復習のタイミングによるのですが)

 

しかし、中には、1回で理解できる子もいます。

復習した気配はないのに、テストではできている。

そういう子は、1回の時間が長い場合が多いです。

 

1回の時間が長くても、復習も含めて長い目で考えれば、

むしろその方が良いとは思いませんか。

(実際は、見ていてイライラすることもあるかもしれませんが)

 

つまり、何回も繰り返してようやく理解する子もいる中、

じっくりと取り組んで、1回で理解する子もいるということです。

 

我が子をよく見て、もしそういうタイプだと思ったら、

勉強スタイルの見直しも考えられると思います。