【速報】幼児・小1・小2・小3満席状況

新学年で表記します。

幼児 残り2名(1名体験予約あり)

小1 満席

小2 満席

小3 満席

小1があっという間に埋まってしまいました。非常に多くのお問い合わせを頂きましたが、上記のとおり人数に限りがございます。

空席待ちのご予約は受け付けます。

2015年 岡山朝日高校 京大合格者数

『2015年 京都大学 公立高校合格者ランキング』

 

北野 60

天王寺 53

堀川 52

膳所 48

大手前 36

奈良 35

茨木 33

西京 29

金沢泉丘 27

明和 27

洛北 27

旭丘 25

一宮 25

岡崎 25

三国丘 24

神戸 23

姫路西 23

四日市 22

浜松北 20

刈谷 19

筑紫丘 19

嵯峨野 18

四條畷 16

熊本 16

西 15

岐阜 15

加古川東 15

修猷館 15

基町 14

岡山朝日 13

時習館 12

津 12

国立 10

高岡 10

藤島 10

小倉 10

明善 10

仙台第二 9

県立浦和 9

兵庫 9

佐賀西 9

県立千葉 8

湘南 8

静岡 8

半田 8

福岡 8

鶴丸 8

大垣北 7

彦根東 7

守山 7

安積 6

土浦第一 6

七尾 6

桃山 6

岸和田 6

岡山操山 6

倉敷青陵 6

舟入 6

山口 6

高松 6

東筑 6

長崎西 6

札幌北 5

仙台第一 5

八王子東 5

新潟 5

小松 5

明石北 5

北摂三田 5

畝傍 5

松山東 5

済々黌 5

 

ソース:名門公立高校受験道場

http://meimonkouritsu.com/?p=458

2015年 岡山朝日高校 東大合格者数

『2015年 東京大学 公立高校合格者ランキング』

日比谷 37

県立浦和 27

富山中部 27

土浦第一 24

県立千葉 23

西 22

岡崎 21

修猷館 21

国立 19

湘南 19

旭丘 18

仙台第二 17

横浜翠嵐 16

岡山朝日 15

県立船橋 13

秋田 12

県立前橋 12

岐阜 12

浜松北 12

札幌南 11

水戸第一 11

戸山 11

新潟 11

金沢泉丘 11

四日市 11

熊本 11

宇都宮 10

大宮 10

高岡 10

静岡 10

一宮 10

時習館 10

高松 10

鶴丸 10

高崎 9

小石川中教 9

藤島 9

大分上野丘 9

県立長野 8

刈谷 8

堀川 8

北野 8

長崎西 8

札幌北 7

山形東 7

並木中教 7

市立浦和 7

東葛飾 7

八王子東 7

甲府南 7

松本深志 7

姫路西 7

岡山操山 7

宇都宮東 6

県立川越 6

青山 6

柏陽 6

磐田南 6

広島 6

筑紫丘 6

弘前 5

仙台第一 5

県立福島 5

春日部 5

小松 5

吉田 5

沼津東 5

富士 5

丸亀 5

宮崎大宮 5

宮崎西 5

 

ソース:名門公立高校受験道場

http://meimonkouritsu.com/?p=462

偏差値37からの朝日高校合格

偏差値37からの朝日高校合格者は実在する!

今回の入試結果で、それが証明されました。

 

ごく普通の、むしろ平均に届かない小学2年生のNくんとMちゃん。

Nくんは小2の11月の全国模試で43。

一方、Mちゃんは小3の4月の全国模試で、わずか37。

2人とも サンライズの小学低学年クラス「算脳トレ」にて、

算数の概念・基礎を徹底的に学習し、

時には叱られて泣くこともありました。

サンライズの「算脳トレ」が始まったのが、この頃で、

2人とも最初に教えた子たちです。

平均を超えるようになったのが、

Nくんは3年の8月、Mちゃんは小4の4月でした。

高学年では岡大附属中レベルを目指しましたが、

そのレベルには残念ながら及びませんでした。

それでも、小6の1月に、2人とも偏差値60を超える位にまで

成長しました。

そして、中学生に。

 

サンライズの特徴なのかも知れませんが、

中学校に入った途端に、急に成績が上がります。

同じ偏差値でも、以前からサンライズで頑張ってきた塾生と

これから始める新入生では、その後の伸びが違います。

(ですから、学年が上がるに従って、入塾基準も上がります)

中1最初の県模試は、小学校の復習内容でしたが、

Mちゃんは偏差値65、N君は68を出すことができました。

これまでの努力がようやく実を結んだのです。

中学校では、朝日高校に合格しようと頑張りました。

時には偏差値が70に達したこともありました。

この間、およそ 8年です。

 

そして、2015年3月20日。

昨日ですね。

公立高校入試の結果発表の日でした。

二人とも朝日高校に合格したのです。

8年前には、想像していなかったことでしょう。

 

算脳トレに始まり、2人を指導して経験したことは、

後輩たちにも受け継がれています。

今では、2人のような成績の子がほとんどいなくなりましたし、

高学年での問題レベルも高くなっています。

 

中学生では、今年で「岡山朝日高校4年連続全員合格」

を達成しましたし、県模試で総合1位を獲得した子も出ました。

大学受験では、岡山大学医学部に合格した子をはじめとして、

その後に続こうと東京大学や医学部などの難関大を目指す子たちが

頑張っています。

(学年のレベルにもよりますが、岡大医学部合格を目指すなら、朝日で学年10番以内に入る必要があります。実力テストの素点もある程度信憑性があります。できれば、全統模試をもっと積極的に受験してもらいたいです・・・。)

2015年度公立高校受験結果

本日、県立高校の合格発表日でした。

全員の報告を聞きましたので、まとめておきます。

岡山朝日高校 全員合格!!(過半数が受験)

岡山操山高校 全員合格!!

岡山城東高校 特別推薦1名合格!!

都立北園高校 1名受験 1名合格!!

公立高校全員合格!!

大学受験では、中央大学文学部と明治学院大学文学部も合格出ました!

子どもが賢くならない親のNG行動トップ10

 

 

「子供が賢くならない親のNG行動 TOP10

 

10位 自分ができなかった目標を背負わせる

親が行けなかった学校を受験させるなど、親のリベンジになったら教育は最悪。子供は目標が自分の事から他人事に変わるため、頑張らなきゃいけない時に頑張ることが出来なくなる。

塾長一言:○○に行きたかったけど、行けなかった。だから、あなたには言って欲しい」などと言うのがNGということ。他にも、行かせたい学校を無理やり勧めるのもNG。子どもがうんざりして、やる気をなくすることも。

9位 父親が母親を責める

「お前がダメだから、子供がダメなんだ」という父から母へのプレッシャーは、母から子供へのプレッシャーに直結する。その結果、点数を取るだけの勉強になってしまい、長続きしない。

塾長一言:ドラマの中でしか聞いたことはありませんが、当然、子どもにいい影響は与えないでしょうね。

8位 子供以上に落ち込む

合格発表の時にお母さんが泣いてしまうのは最悪。試験の結果が悪かったり、受験に失敗した際、子供本人が落ち込むならいいが、お母さんが必要以上に落ち込むと、その反動で中学に入って勉強しなくなる。頑張ってきたことは、無駄にならないと子供にきちんと伝えることが大事。

塾長一言:最後の1行は同感です。受験は、まさに「頑張った事はムダにならない」ということを実感できる良い機会だと思います。それが例え不合格でも、です。学力的にも、人間的にも大きく成長できるかどうかは、子ども自身がどれだけ取り組んだかだけでなく、それと同じ位、親や指導者がきちんと受験について話をしたかに寄るところも大きいです。

7位 単語の会話を許す

「別に」「ふつう」「超面白かった」など、一言で答える子供は良くない。ボキャブラリーや語彙を増やしてあげることが家庭に一番求めること。自分の気持ちを自分の言葉で話せない子供は、実際に学力も伸びない。

塾長一言:その通り。国語力がない子が増えていますが、語彙の少ないことが一つの要因になっています。それは、会話にも表れています。『語彙を増やしてあげること』の例として、「どんな風に面白かった?」などと具体的に話をさせるように誘導してあげると良いでしょう。

6位 習い事をやめさせる

焦る親ほど、クラブ活動や習い事をやめさせたがるが、やめさせた方が合格率は下がる。子供は好きな事をやめると集中力が低下するので、両立させた方が勉強も頑張り結果が出る。

塾長一言:勉強が忙しくなり、勉強を一番に考え(志望校に合格したいから)、部活動を辞める子もいます。あるいは、部活動をしているが、勉強に差し障りない程度にセーブする子もいます。合格率が下がる傾向があるのかもしれませんが、ケースバイケースのようにも感じます。そもそも『両立』するのかどうか、という点でできない子も多いと思うからです。両立とは、勉強もきちんとするが、部活動や習い事もガッツリできていて、お互いに悪影響を及ぼさない状況のことをいうのではないでしょうか。私はそう思います。

5位 「宿題やったの?」と確認する

気になるのはわかるが、言ったらアウト。「今やろうと思ったのに」「やってるよ」など、反発以外の何も生みださない。やっていない前提で聞くのではなく、「出来た宿題見せて?」と、やったことを前提に聞くと良い。

塾長一言:挨拶のようになっている方も少なくないかもしれません。宿題ができていないと思うから、つい子どもに言ってしまうんですよね。できる子の家庭は、心配がいらないので、言う必要もない。当然だと思います。子どもも返答するのが面倒になり、やっていないのに「やった」と返事する子も。習慣化しないように、お母さんのストレスにならないように、少し言い方を変えるのも一つの方法だと思います。

4位 ご褒美でやる気を出させる

目の前のニンジン作戦は、とりあえずの結果は得られるが、完全に失敗する。褒美がないとやらなくなる。褒美を獲得することが目的・ゴールになるので、自ら学ばなくなる。

塾長一言:褒めるということを、言葉でなく形に表したものが「御褒美」で、子どもにとっては分かりやすいと思うのですが、それよりも「褒められることが御褒美」と思ってもらえることの方が良いですよね。小さい頃はそれでもアリだと思いますが、褒めることも忘れずに。「言葉」に感動を感じるようになれば、そのうち、モノよりも言葉に強く反応するようになります。

3位 人前で「うちの子はダメ」という

三者面談などで、親は謙遜して言ったつもりでも、「子供は親に、日頃の努力を認められていない」と感じてしまう。母親に誉めてもらうことで子供のモチベーションは上がる。

塾長一言:これはよく言われることですね。それでも、お母さんたちの会話の中では思わず出てしまうこともあるかもしれません。「勉強は塾に任せているし、子どもも自分でやっているみたい(塾で長時間やっているなど)。」と、暗に子どもの努力を認め、客観的な事実を述べる程度であれば、いわゆる「自慢話」にはならないのかなと。

2位 子供の過去を責める

「あの時、あの時」と過去のことをほじくり返しても意味がない。それをいつまでも身近な親に言われる…子供にとってこれほどの苦痛はない。失敗を糧に「こうしたら、こうなるんじゃないの?」と、未来から逆算した言葉かけをした方が子供は伸びる。

塾長一言:反省はするべきですが、過度に失敗を責めるのはよくない、ということです。できなかったことをできるようにするためには、何をするべきか、という具体的戦略をアドバイスすることは絶対に必要だと思います。

1位 結果だけ評価する

「結果だけ評価される子は、良い子でいなければと思うようになる。良い点数を取り続けなければいけないという心的プレッシャーと長く戦わなければいけない。弱い子はカンニングをするようになることも。努力、過程を「よくやったね」と褒めてあげると、次も頑張ろうという気持ちになる。

塾長一言:これも当たり前のことですね。結果ばかり評価しても子どもは伸びません。努力・過程が良かったから結果が良かったのだと褒める。反対に叱る場合でも、努力・過程のどの点が悪かったから結果が悪かったと伝えると良いと思います。

 

この中のいくつかは、昔のブログ記事でもお話したことがありますね。

これを見てから、「あ!うちにも当てはまる。だからダメなんだ。もう賢くならないな・・・」ではなく、「これからは、少し気をつけてみよう」と意識を変えていくことが大切だと思います。

また、全てこの通りに実行できないと思います。(親のモチベーションも考えて。)あくまで“傾向”ですから、この通り完璧にしようと思わないこと。少しずつ、時に「あ、そういえば、こういう場面ではこうするんだったな」と思いだせるだけでも違います。反省する度に、少しずつ実行、ですね。小さな努力は、目には見えませんが、少しずつ、お子様の心に響いていくものですよ。

 

※参照元

http://irorio.jp/natsukirio/20150305/211074/

新年度残席数

2015年度残席数

幼児 残り2名

※入塾試験なし。現在も入塾受付中です。

小1 残り2名(体験1予約)

※今回のみ入塾試験なし。3月末までで、一旦締め切ります。

小2 残り1名

小3 満席

小4 残り2名

小5 残り1名(未確定1)

小6 残り6名

中1 残り2名(未確定1)

中2 残り5名

中3 残り2名

高1 残り3名(継続生により変動あり)

高2 満席

高3 3名

 

※満席の学年は、今年度、増席の予定もありません。

次回の入塾選抜試験は、6月27日(土)です。

朝日高校受験専門進学塾サンライズ 2015年度入塾に関して【募集一旦締切】

明日は、春期の第2回入塾選抜試験の日です。

ですから、今日が申込の最終日になります。

(幼児・新小1のみ、まだ受付中です。)

本日、駆け込みで数名お申込がございました。

複数の学年で、満席になりそうです。

 

2015年度新規入塾生募集は、一部の学年を除き、

本日をもって一旦停止させて頂きます。

受講希望のご連絡は受け付けますが、

今後ご連絡を頂いた方は、早くても夏期講習会、

或いは、それ以降の受講になってしまいます。

何卒ご了承ください。

※幼児・新小1に関しては、残席数によっては、受付致します。

 

残席数につきましては、

明日の試験結果が分かり次第、

ブログにてお伝えいたします。

朝日高校の面接について

ちょっと早いですが、明日は県立入試2日目、面接ですので、

何を聞かれるか心配な受検生のためにアドバイスをします。

サンライズでは、「入試面接で聞かれる10の質問」に答えられるようにアドバイスしています。

①「受験番号と氏名を教えてください。」

②「この高校(本校)を選んだ理由を教えてください。」

③「あなたの長所と短所(性格)を教えてください。」

④「中学校ではどんなことをがんばりましたか?」

⑤「この高校(本校)に入学したら(高校を卒業したら)したいことはありますか?」

⑥「ご両親(友達)はどんな人ですか?」

⑦「あなたの得意(苦手)科目はなんですか?その理由は?」

⑧「あなたの趣味や特技を教えてください。」

⑨「最近のニュース(新聞)で印象に残ったものを教えてください。」

⑩「(例)縄文式土器と弥生式土器の大きな違いはなんですか?」(知識を問われる)

朝日高校では、過去6年間は概ね上記のことを聞かれています。(聞かれていないこともあります)

毎年、かなりの確率で質問内容が的中しているので、これから準備する人は、是非答えられるようにしておきましょう。

他の高校を受検する人も同じです。

操山高校も同様の質問がされています。

もちろん、毎年少しずつ変わりますが、学校によって、聞かれる内容は大体決まっています。

塾生は、明日、6年間で質問された具体的な内容を教えますので、

夕方4時ごろに塾に集合して下さい。