勉強は基本が大切

勉強において、一番大切なこと。

勉強に限らず、スポーツ全般でも同じですが、『基本』です。

勉強の上達のコツは「基本練習を繰り返し繰り返しやること」です。

これに尽きます。
Aさんは、大学の同好会に入りテニスをはじめました。

同じ頃にテニススクールに通い出した友人Bがいました。

Aさんが所属した同好会では直ぐにラリーから練習しました。

友人Bのスクールは素振りや

コーチの球出しのボールを打つ練習が中心です。

Aは実践で練習していたのでどんどんラリーができるようになりました。

スクールで学ぶBの方は、なかなかラリーができるようにはなりません。

Bの上達度を例えると、亀のようなスピードです。

でも1年後大変なことがおきました。

AとBがとテニスの練習試合をすることになったのです。
結果はなんとAの負けです。

完敗でした。
敗因はなにか?
そうです。Aは基本を大切にしなかったからです。

Bは基本を固め土台をつくり、その上に技術をのせたのです。

だから本当の実力が身についたのです。
スポーツは基本がもの凄く大切です。
プロ野球の読売ジャイアンツに所属していた桑田投手も

少年野球の子供達に次のメッセージを送っています。
「基本を繰り返し繰り返し練習してください。

僕なんかはプロになった今でも基本しか練習しません」
プロ野球の選手達が魅せる華麗なスーパープレイも、

野球の基本が土台になっているのです。

勉強においても基本を大切に考え、

繰り返し練習し土台を作る必要があります。
まず最初に、このことを覚えてください。

勉強は高度な技術が必要なわけではないのです。

基本こそ勉強に必要です。

朝日高校を目指す人でも、

東大・京大・医学部をはじめとした難関大学志望者でも、です。
そして基本を身に付けるコツは、

毎日練習をすることです。
時間がないとは言わないで下さい。

1日20分、30分でも良いのです。

毎日練習をしてください。

体調がすごく悪くて勉強できないときでも、

単語を5分、数学を1問解くことはできます。
毎日練習することが、勉強で子どもが伸びる秘訣です。

それに毎日練習をすることを子どもが覚えれば、

子どもが成長し、勉強だ、受験だ、

そして働くようになっても

コツコツやることが身についていたら怖いもの無しです。

強い子どもが育ちます。
まずは親として、子どもへ基本練習を毎日やるように指導してください。
「塵も積もれば山なる」

それが出来たとき子どもはテストで高得点を取り、

難関校に合格しているはずです。
まずは3ヶ月間を目標に毎日

英単語、漢字、計算などの練習をしましょう。

毎日指導をしましょう。お母さんが忙しかったら、

お父さんが子どもに付き合ってあげてください。

大学受験の難易度

今、高校生には難関大学に合格するための勉強論を徹底的に叩き込んでいます。

難関大学と言っても、その中での難易度は様々です。

最難関は、東大・京大・医学部となりますが、特に医学部は難易度が高く、都市部の医学部と地方医学部では、対策が変わってきます。

以下は、難易度順でグループにわけたものです。

①都市部医学部医学科

◆東京大学・京都大学

◆旧帝大を中心とした、大都市圏にある大学

大阪大学・名古屋大学・東北大学・九州大学・東京医科歯科大学

◆大都市圏にある2番手大学または地方の中で大きな都市にある大学

北海道大学・横浜市立大学・金沢大学・名古屋市立大学・京都府立大学・大阪市立大学・神戸大学・広島大学・岡山大学・千葉大学

②地方医学部医学科

◆難関

筑波大学・新潟大学・三重大学・滋賀医科大学・奈良県立医科大学・熊本大学(このあたりが、およそ東大理Ⅰと同程度の学習量)

◆中堅

札幌医科大学・弘前大学・富山大学・岐阜大学・福井大学・香川大学・山口大学・長崎大学

旭川医科大学・福島県立医科大学・浜松医科大学・群馬大学・大分大学・琉球大学・山形大学・秋田大学・信州大学・和歌山県立医科大学・徳島大学・愛媛大学・鹿児島大学

鳥取大学・島根大学・高知大学・佐賀大学・宮崎大学

最難関の大学・医学部を志望する場合、非常に学習量が多いです。

そして、これに続くのが、旧帝大をはじめとした難関大学の一般学部、あるいは難関学部です。

北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、他難関学部などです。

岡山大学の一般学部になると、中堅大学に位置し、その対策は、ごく限られた教材をしっかりやりこむことで、十分合格点を取れます。

センター試験対策も、必要以上に難易度の高い問題で対策をする必要がありません。

進学校の授業はついていくのが大変とよく言われますが、大抵の場合、小・中学校の内容がきちんと身についていないです。

基本がきちんと身についていれば、朝日高校に十分合格できますし、その後の大学受験でも勉強がはかどります。

勉強で楽をしようと手を抜くほどしんどくなる

国語指導の一つとして、語彙力特訓があります。

毎日、少しずつ言葉を覚えていくのですが、

この「毎日続ける」ことが、非常に大切なのです。

というのも、大抵は、毎日続けることができなくて、

挫折するから。

 

例えば、1日当たり12個(プリント1枚)覚えるとします。

大体、10~15分くらいで覚えます。

1日あたりたったの15分です。

それでも、1週間も経つと84個になります。

お盆休みだからとまったくやっていない子は、

やっている子に追いつこうと思うと、100個近く覚えないといけません。

夏休みは、約40日ありますが、

毎日やると、480個も覚えたことになります。

もちろん、1日あたりの量が2倍の人はもっと多いです。

遅れを取り戻すために、短期間にまとめて覚えることの方が、

よりつらい勉強になるのではないでしょうか?

毎日続けた方が、定着もしますしね。

毎日続けた方が、勉強が楽しく感じられます。

1日にまとめてたくさん覚えた人よりも、

少しずつでも毎日続けてやった人の方が、塾長は凄いと思います。