成績が上がる子・成績が上がらない子

岡山朝日高校受験専門 進学塾サンライズのホームページ

あくまで経験則ですが、

成績が上がる生徒と上がらない生徒の特長を挙げてみます。

 

◆成績が上がる生徒

・目標が明確になっている。

どうしても行きたい学校がある子は、苦労を惜しまず勉強します。時間が足らないと思ったら、時間を作ってやっていますね。

・志望校合格がゴールではないということを理解している。

模試の志望校判定などで、合格の可能性が高いとか、学校の成績でそこそこ良いと思っている子は、「合格」が最終目標なので、ある程度可能性があると思ったら、それ以上の努力をしようとはしません。

・今の自分の状況に満足していない。

自己肯定感がないということではありません。周りからみて成績が良いという子でも、その子にとっては、色々な課題・反省点があるものです。「これでいい」と思ってしまえば、それ以上やる気にはなりません。

・楽しそうに勉強している。

周りから見ても、「あの子は調子が良さそう」というのがわかるものです。楽しそうなのか、つらそうなのかは、表情を見ていればわかります。

・周りのことはあまり気にならない。

集中していれば、周りは気になりません。逆に集中できない子は、周りが気になって仕方ないです。

・勉強だけしているわけではない。

ずっと勉強している子よりも、何かに打ち込んでいる子の方が成績が上がることが多いです。

 

それに対して・・・

◆成績が上がらない生徒

・受験校が決まっていない。

・トレードオフの関係を持ち出して言い訳をする。

・無駄な時間をかけている。

・「自信がない」が口癖

・友だちに足を引っ張られている。

・・・まあ、挙げればキリがないですね。当然だと思います。



面談のご予約は
↓からお願い致します。
岡山朝日高校受験専門進学塾サンライズの問い合わせフォームヘ
ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)