子どもが勉強できる環境づくり

岡山朝日高校受験専門 進学塾サンライズのホームページ

勉強しているつもりでも、意外と点数に繋がらない勉強になっている子もいます。

詰めが甘かったり・・・

はるかにやる量が少なかったり・・・

そもそも問題を解くだけで終わっていたり・・・

勉強の「当たり前」が「当たり前」でないこともあるのです。

え?あり得ないでしょ!?ということを実際にやっていて、

“頑張ったのにできない”と思っている子もいるのでは?

実際の例として挙げますが、皆さんはできていますか?

・問題を解いた後に答え合わせをしない。

・間違えた問題は答えを写すだけ(なぜ間違えたのか検証しない)

・間違えた問題がはたして出来るようになったのか、確かめない。

まずこれだけでもできているかどうかで、

実力を測ることができます。

成績が上がる子は、トコトンやります。

人には、それぞれ「コンフォートゾーン」=心理的に快適な場所

があります。

「60~70点」をコンフォートゾーンとしている子は、それ以上の点数は取れません。

そんな子は30点を取ると「ヤバい!」と感じます。

コンフォートゾーンから外れるからですね。

また、「60~70点」がコンフォートゾーンの子が、80点を目標にしようと思うと、これもコンフォートゾーンから外れるわけです。

ですから、「今までの勉強法」「今までの勉強量」では達成できません。

コンフォートゾーンを打ち破るしかないのです。

つまり、やり方を変えたり、量を増やしてみるということですね。

例えば、やり方を変えるなら、

「ワークを全部やった」⇒「終わり」から

「ワークを全部やった」⇒「念のためにテスト」⇒「間違いを直す」

という流れに変える、などですね。

周りの環境を変えることも大切です。

周りの子が勉強し出すと、本人も勉強し始めるものです。

※サンライズの「復習特訓」は子どものコンフォートゾーンを変えるために実施しています。

能力があるのに成績が伸びない例として、

・成績の振るわない子に囲まれている。

・時間があればスマホをいじったりして、勉強に集中できない。結局は成績が伸びなくて、志望校変更

などですね。

少しでも変えたい!と思うなら、

まずは自分自身を勉強する環境に置くことが大切です。



面談のご予約は
↓からお願い致します。
岡山朝日高校受験専門進学塾サンライズの問い合わせフォームヘ
ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)