大学受験に必要な基礎能力

全科目に共通する、大学受験で必要な最も基礎的な力として、

「基礎処理能力」があります。

問題の処理や理解を行うための基盤となる能力です。

高校生になって、勉強が思うようにはかどらなかったり、

ついていけないのは、この基礎処理能力が不足しているためです。

高校の内容を理解し、運用するためには、この能力が不可欠です。

この能力は、小・中学校の勉強で養われるものですが、

朝日高校に合格する力がない場合、何らかの学力が不足していると

考えられます。

小・中学校で、きちんと算数・数学・国語の

基礎基本を身につけることが、高校での勉強につながっているのです。

「朝日高校に合格することは非常に困難だ」

と感じる人は、それだけ基本がきちんと身についていないと言っても

過言ではありません。

トップ校に合格するために必要なのは、応用問題をたくさん解くことではなく、どれだけ基本を理解しているのか、ということなのです。

目の前の勉強が難しいと感じるのであれば、

前に戻って、基本的なことからしっかりと理解していきましょう。

そうすれば、難しいと感じていた勉強が、理解できるようになります。



面談のご予約は
↓からお願い致します。
予約専用フォームへ

進学塾サンライズHPへ


ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

コメントを残す