問題の解き方一つで成績の伸び方が変わる

岡山朝日高校受験専門 進学塾サンライズのホームページ

成績が伸びている子と成績が伸びない(下がる)子の差は、

問題の解き方を見ていると違いが表れています。

そもそも、宿題をしない子は、その分演習量が少ないので、

わからなくなっていくのは当然です。

ここでは、勉強をしている=問題を解いているにも関わらず、

伸びない子の特徴を述べたいと思います。

一般的には、

①問題を解く⇒②答え合わせをする

の流れですね。

小学校高学年くらいになれば、答え合わせまで

自分でできる子もいるでしょう。

実は、多くの子は、この答え合わせがきちんとできないために、

なかなか学力が伸びないです。

きちんとできない例をいくつか挙げます。

 

1.答えが間違っていたら、赤で答えを写す“だけ”

入塾したばかりの子に多く見られるのが、このやり方です。

答えを赤で書いて、そのままにしてしまっているんですね。

「じゃあ、なんでこの答えになるの?」を聞くと、

大抵は、答えられません。

できる子は、間違えた問題は、もう一度自力で解いてみるか、

分からなければ質問したり、解説を読むことによって、理解をし、

もう一度解きます。

「決して答えを見ながら写す」ということはしません。

 

2.答えが間違っているのに、○をする。

きちんと勉強しているのにテストで結果が出ない子は、

間違ったことを覚えている可能性があります。

英語のスペル、漢字のミスなど、自分では合っていると思い、

○をしてしまうのです。

自分の答えが間違っているかも・・・と疑いながら、

答え合わせを慎重に行う必要があります。

まだ答え合わせに慣れていない子によく起こる現象です。

 

3.一度解くだけで、間違えた問題を復習しない。

間違えた問題が、その時は理解できたとしても、

しばらく経つと忘れていることだってあります。

間違えた問題ができるようになることで、成績が伸びるのですから、

解けるようになるまで、きちんと復習をしましょう。

 

4.宿題を出すことが目的になり、問題をいい加減に解く。

宿題をしなくてはいけない、と思っている子は、

なかなか伸びないでしょう。

宿題の目的がよく分かっていない、もしくは納得していないからです。

ですから、つじつまを合わせるために、

さもやっているかのように見せて、

問題を飛ばしていたり、答えを写しているだけだったりするのです。

もちろん、これでは成績が伸びることはありません。

 

5.調べたり、人に聞いたりして解けた問題が、自分で出来た気になっている。

初めて勉強する内容は、誰しも分からないことがあります。

分からなかったら、調べたり、質問して解決しますよね。

その問題も、問題にチェックを入れて、後で復習をすると良いでしょう。

 

効率良く勉強するためには、

以上のことがきちんとできていることが前提です。

サンライズでは、入塾したての子には、

まず、このような勉強の仕方をみっちりと教え込みます。

それが、成績を伸ばす最短の方法だからです。



面談のご予約は
↓からお願い致します。
岡山朝日高校受験専門進学塾サンライズの問い合わせフォームヘ
ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)