偏差値37からの朝日高校合格

偏差値37からの朝日高校合格者は実在する!

今回の入試結果で、それが証明されました。

 

ごく普通の、むしろ平均に届かない小学2年生のNくんとMちゃん。

Nくんは小2の11月の全国模試で43。

一方、Mちゃんは小3の4月の全国模試で、わずか37。

2人とも サンライズの小学低学年クラス「算脳トレ」にて、

算数の概念・基礎を徹底的に学習し、

時には叱られて泣くこともありました。

サンライズの「算脳トレ」が始まったのが、この頃で、

2人とも最初に教えた子たちです。

平均を超えるようになったのが、

Nくんは3年の8月、Mちゃんは小4の4月でした。

高学年では岡大附属中レベルを目指しましたが、

そのレベルには残念ながら及びませんでした。

それでも、小6の1月に、2人とも偏差値60を超える位にまで

成長しました。

そして、中学生に。

 

サンライズの特徴なのかも知れませんが、

中学校に入った途端に、急に成績が上がります。

同じ偏差値でも、以前からサンライズで頑張ってきた塾生と

これから始める新入生では、その後の伸びが違います。

(ですから、学年が上がるに従って、入塾基準も上がります)

中1最初の県模試は、小学校の復習内容でしたが、

Mちゃんは偏差値65、N君は68を出すことができました。

これまでの努力がようやく実を結んだのです。

中学校では、朝日高校に合格しようと頑張りました。

時には偏差値が70に達したこともありました。

この間、およそ 8年です。

 

そして、2015年3月20日。

昨日ですね。

公立高校入試の結果発表の日でした。

二人とも朝日高校に合格したのです。

8年前には、想像していなかったことでしょう。

 

算脳トレに始まり、2人を指導して経験したことは、

後輩たちにも受け継がれています。

今では、2人のような成績の子がほとんどいなくなりましたし、

高学年での問題レベルも高くなっています。

 

中学生では、今年で「岡山朝日高校4年連続全員合格」

を達成しましたし、県模試で総合1位を獲得した子も出ました。

大学受験では、岡山大学医学部に合格した子をはじめとして、

その後に続こうと東京大学や医学部などの難関大を目指す子たちが

頑張っています。

(学年のレベルにもよりますが、岡大医学部合格を目指すなら、朝日で学年10番以内に入る必要があります。実力テストの素点もある程度信憑性があります。できれば、全統模試をもっと積極的に受験してもらいたいです・・・。)



面談のご予約は
↓からお願い致します。
予約専用フォームへ

進学塾サンライズHPへ


ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

コメントを残す