「夏は勉強するぞ!」はどれだけやるつもり?

まだ5月ですが、夏の予定を立てているところです。

さて、「夏は勉強するぞ!」と先延ばしにしそうな人も

そろそろ出てきそうですが・・・。

いったいどのくらい夏に勉強するつもりなのでしょう?

 

 

ちなみに、サンライズでは、

夏期講習会は、受験生にもなると、1日10時間で、

14日間、計140時間の演習をこなします。

夏休みは長いので、夏期講習会以外の日の時間も入れると、

300時間は超えるでしょう。

それだけの演習量をこなして、それでも足りないと

2学期以降も塾に来て受験勉強をする子も少なくありません。

問題を解いて解いて解きまくって、

やっと自分のものにできるようになる。

決して簡単な事ではないです。

ですが、「夏になったら頑張る!」などと言っている人には、

絶対に負けないだけの勉強量はします。

 

 

サンライズの普段の授業では、知っておくべきこと、

覚えるべきことなどは、端的にまとめて伝えています。

あれもこれも1から10までダラダラと話をしません。

その代わり、「授業をしない授業」があります。

いわゆる「演習のみの授業」ですね。

インプットだけでなく、学んだことをアウトプットして、

知識を自分のものにする過程は非常に大切です。

インプットの時間よりも、アウトプットの時間の方が多いのも

そのためです。

圧倒的な演習量、これが子どもたちの自信にもつながっているのです。



面談のご予約は
↓からお願い致します。
予約専用フォームへ

進学塾サンライズHPへ


ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

コメントを残す